UX JAM 28に参加してきました!

どうもmrです。

UX(ユーザーエクスペリエンス)の勉強会であるUX JAMにお邪魔しました。
もう28回目と、たくさんやっている勉強会なのですが、
今回は、新年初だそうで、スペシャルらしいです。

初めて参加するイベントなので、
どれくらいスペシャルなのかはわからないですが…w

交流会とLT(ライトニングトーク)を交互に行なっていくスタイルのイベントになっていました。

会場は株式会社ビビビットさんのカフェスペース!

iPhoneでパノラマ写真を撮りました!

ここからLTについて紹介します!

1人目

株式会社ディー・エヌ・エー
おしみ ひろきさん
「サービスの中でUXを推進するために頑張ること(仮)」

「合理的な満足」から「感情的な満足」へ 企画を考えることが求められるので、
そんなことができる「ユーザーたらしなデザイナー」になりたいとのこと。

2人目

ネットイヤーグループ株式会社
仙崎 萌絵さん
「新米UXデザイナー2019年の抱負〜未熟から半熟へ〜」

初めてのLTらしいですが、そんなことがまったくわからないくらいの、
スライドの出来と、いいプレゼンでした!

そんな仙崎さんはメルカリ読書法というのを、考案し、
買ったまま本を読まない、「積読」を減らしたそう。

①本を買う
②買ったタイミングでメルカリに出品
③売れるまでに強引に読み切る

という手順だそう。
自分を追い込むことで、意識して記憶できてとても効率的なのだとか。

3人目

合同会社DMM.com
河西 紀明さん
「未来のUXデザインのスタンダードをつくっていく」

上から降りてきた仕様をトップダウンでやっていくのはよくないので、
職務領域を超えて、意見していけることが大事。
せっかく社内にエンジニアとデザイナーがいるのに、
協業っぽく見えてしまうのはよくない、とのこと。

確かに、それだと社内にいろんな職種がそろっている意味がないし、
なによりもつまらない、と思いました。

4人目

有限会社リズムタイプ
栄前田 勝太郎さん
「UXデザインにおける対話の場の設計」

「会話」と「対話」は違う、

会話…相手の情報を収集し、親密度を高めるもの。
対話…互いに相互理解し、新しいアイデアを生み出すもの。

とのこと。

確かに…!

5人目

クックパッド株式会社
佐野 大河さん
「「よさそう」から「絶対いい」にするための価値検証」

自社で開発しているアプリのUX改善のお話。
アイデアは本当にいいものなのか、実際に触ってみないとわからないので、
素早く形にして、フィードバックを得やすくする仕組みを紹介していただきました。

6人目

株式会社サイバーエージェント
角田 導晃さん
「改修を続けた運用5年目ゲームタイトルのUX反省」

自社で制作している「ポコロンダンジョンズ」のお話。

アップデートして機能やボタンが増えているのにもかかわらず、
UIの改修はしていなくて、
画面が見づらくなってしまっていたそう。

そういうところから変えていきUXをよくしていったそうです。

UXの変化を、ボールに乗ったゾウに例えているのは、
とても面白かったです!

7人目

フェンリル株式会社
葛巻 大輔さん
「泥臭いリーダーシップ」

リーダーシップで大事なのは、
行動で示すこと。
と、とても大事なことを伝えていただきました。

8人目

株式会社DO THE SAMURAI
吉田 亮さん
「テクノロジーで、現代社会と神社お寺のご縁を紡ぐ」

なんと、本当は別の方がLTする予定だったんですが、
インフルエンザによりこれなくなってしまったため、
代打として、代表取締役の吉田さんが話していただきました。

前日に急遽作ったスライドなのに、すごくいい出来栄えでした。

お寺や神社のレビューサービス「ホトカミ」についてLTしていて、
どんどん減っていく参拝者を増やそうと活動しているそうです。

参拝者が0人か100人まで増えた神社もあるそうです。

すごい…!

9人目

本当は8人しか発表者はいなかったんですが、
急遽飛び込みで会場を提供していただいたビビビットさんからLTをしていただきました。

株式会社ビビビット
むろうち ありささん
「UXにおいて一番大切なこと」

どんなLTが聞けるのかと、期待していたところ、
一番大事なのは「健康」だそうw
昨年度は通院により30万も使ってしまったらしいです。

やっぱり、エンジニアもデザイナーも体が資本ですね…。

最後に

みなさん5分間のLTなのに、
とても充実したイベントでした!

LTの合間に交流会を挟むのも、
とてもいい計らいでした。

また機会があれば参加したいです!
スライドを公開してくださる方がいましたら、
都度、この記事を更新していきます!

mr